診療案内
外来診療
小児科

小児科一般、乳幼児健診、各種予防接種、夜尿症、低身長などご相談ください。一般的には小児が対象となります。

しかし小児は家族内感染が問題となり、親子同時の治療が必要なことがあり、お母さまはもちろん、ご家族もごいっしょに受診いただけます。

アレルギー科

現在食物アレルギーをはじめとして、アレルギー疾患は増加の一途をたどっていますが、当院では、食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎を中心にアレルギー疾患を診察、治療しています。

情報が多様化し困っているご家族やお子さんが多いことが大きな問題となっていますが、当院ではアレルギーの診療で重要なことは診断に加えエビデンスに基づいた治療・生活指導を行うことが大切と考え診療を行っています。

また、大人の方の長引く咳や喘息もご相談ください。

食物アレルギー

食物アレルギーの診断は採血検査も重要ですが、一番大切なことは病歴を伺い、今までの経過から疑わしい食品を「食物経口負荷試験」を考慮しながら選別していくことです。

この負荷試験は原因食物の確定に最も信頼度の高い検査です。

この負荷試験は病歴や血液検査を参考に、医師、看護師が立ち会いの下、注意深く観察しながら食べる検査です(完全予約制)。

その結果に基づいて食事指導を行うことが、「完全除去ではなく必要最小限の除去」が可能となり、お子さんの生活の質の向上に繋がります。

尚、強い症状の既往や血液検査から症状の出るリスクが高い場合は大学病院などを紹介させて頂く場合があります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療は、スキンケアがメインとなります。

冊子などの資料を用い、スキンケアの具体的な説明を行います。

また、小さいお子様では食物アレルギーが合併することもあり、合わせて検査・治療を行っていきます。

アトピー性皮膚炎が治らない、悩んでいる保護者の方は一度ご相談下さい。

気管支喘息

喘息の治療は発作時の治療と、発作予防の治療に大きく分けられます。

採血、呼吸機能検査、呼気NO(一酸化窒素)検査*をもとに、お子さんに合ったレベルの治療、管理を行い日常生活の制限がなく、喘息のない他のお子さん達と同じ様に生活が送れることを目標に治療を行っていきます。

*「気道の炎症状態」を評価するために、呼気中NO濃度測定をする新しい喘息の検査です。

アレルギー性鼻炎

スギ花粉症を代表とする季節性の鼻炎から年間通して症状がある慢性鼻炎まで、原因検索と共に症状に合わせた治療を行います。

また当院では花粉症・アレルギー性鼻炎の唯一の「体質改善が期待できる」治療法である舌下免疫療法* (医療保険や乳幼児医療も適応されます) を行っているので、医師にご相談ください。

*アレルギーの原因であるアレルゲン(抗原)を少量から投与することで体をアレルゲンに慣らし症状を和らげる治療法です。

予防接種・乳児検診
予防接種・乳児検診

各種予防接種、乳児健診を受け付けております。

14時半~15時に時間を設けておりますが、それ以外の診療時間でも対応可能ですので、お気軽にスタッフにご相談ください。

また、成人の方のインフルエンザ、肺炎球菌や風疹ワクチンも受け付けております。

※基本的には狭山市をはじめ、埼玉県在住の方は、インフルエンザ菌b型、小児用肺炎球菌、4種混合、B型肝炎、MR(麻疹・風疹)、水痘(みずぼうそう)、日本脳炎、DT、BCG、子宮頸がん予防、およびポリオ(条件あり)のワクチンは無料です。必ず在住の市発行の予診票(無料券)をお持ちください。

*乳幼児健診ご希望の方は健診表を記載の上お持ちください。(無料です。)
尚、1歳児健診、入園前健診などをご希望の方は有料で受け付けております。

*母子健康手帳、保険証、子ども医療券を持参ください。

来院の際のご案内
診療の予約について

本院では再診の方は携帯電話などで、順番予約システムを採用しています。

なお初めての患者さんは直接受診するか、お電話をしてご確認下さい。

問診表について

当院では来院時の診察、診療をスムーズにするため症状などを記入する用紙を受付で配布しております。

たとえば受診される方のお名前、年齢、体温、体重、主な症状の経過、アレルギー歴、副作用歴、入院歴の既往歴など記入していただいて来院するか、まとめておいていただくと診療に助かります。

順番待ちシステム
当院は「順番待ちシステム」を
導入しております。
http://suzuki.junban-navi.com/